優秀な人材発掘|整体師になるには専門学校で学ぼう

学修

学校を探す

女性

義肢装具士は、病気や事故で手足を失ってしまった方に、その機能を補ってくれる製品を作る仕事です。ただ製品を作るのではなく、その人に合った義足や義手を作るので採寸から、組み立てなどの工程を丁寧に仕上げていくことが大切です。義足や義足を作る義肢装具士は資格を持っていることで、作ることが認められています。義手や義足などの設計や製作をする際は、資格が無くてもできます。ですが、利用者の採寸や装着を行なう際は、義肢装具士の資格が必要になるのです。義肢装具士の仕事をしたいという方は、学校に通い資格を取りましょう。義肢装具士の資格は専門的な仕事なので独学で学ぶことは難しいとされています。そのため、学校に通い義肢装具士の知識や技術を学ぶ必要があるのです。義肢装具士は国家資格だといえます。試験を受けて国から認められたら、義肢装具士の資格をもらうことができます。

義肢装具士の資格は、専門学校や大学で取得することができます。学校によって異なりますが、専門学校は約3年、大学では指定している科目を、一年以上を知識や技術などを学び、施設で2年以上学ぶ必要があります。早く義肢装具士の仕事をしたいと考えている方は、専門学校が最適だといえます。就職先としては、リハビリ施設や病院、義肢装具の部品メーカーなど幅広く初役することができます。義肢装具士の資格が取れる専門学校や大学に通い、技術や知識を学びましょう。国家資格を持っていることで利用者の要望やリハビリをサポートすることができます。